2013年6月11日火曜日

仕事中の疲労と睡魔に負けそうになったら

たまに(というか週1くらいで)朝からずっと体調が悪い日がある。こういう日は、ひたすらネットサーフィンをしながら、体調が戻るのを待つのだが、出向先であればこれが許されたものの、今の職場では、周りの目が厳しくてそれが許されない。しかし、こういうときは椅子に座っているだけで、疲労感と睡魔で死にそうになるのだ。

奥の手として「レッドブル」を一気飲みして乗り切ることもあったのだが、反動がでかいのと、これを使いすぎて、もうレッドブルとかそれに準じたエナジードリンク系は飲んでも3分くらいしか効果がなくなってきたのだ。


レッドブル 185ml×24本 


こうした意識が朦朧とする中で思いついたのが、とりあえず単純作業を進めるといいうことだった。たとえば資料整理とか、ゴミ捨てとか、そういった「いつか時間があるときにでもやろう」と思った作業を何も考えずにしてみた。最初は椅子から立ち上がるだけでしんどいのだが、こうした頭を使わない単純作業を繰り返していると、だんだんと体調が戻ってきて、机の周辺が綺麗に片付く頃には、眠気も疲労もかなり緩和されていた。

よって、体のバイオリズムが崩れて仕事に全く集中できない(けれどまだ朝の10時とかの)場合は、ネットサーフィンしたり、レッドブルを一気飲みしたりするのではなく、とにかく整理整頓といった単純作業を進めることで体の調子を戻す方法を今後は取り込んでいきたい。


<今日のTOEIC勉強>
TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉
・テスト(1)のPart3の音読を実施。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉
・テスト(2)のPart5,6,7の一部を実施。単語暗記も実施。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿