2013年1月14日月曜日

サブウェイが美味い

※ここで紹介している「得サブ」は廃止されました。


独身寮を追い出されてから結構面倒になったのが食事だ。カップ麺とかマックとかで済ませていたら、1週間全く野菜を口にしていないことに気付いた。そこで通い始めたのがサブウェイである。それまでファストフードはマックとロッテリアとモスバーガーでしか食べたことがなかったが、サブウェイのサンドは、はっきり言ってそれらと比べるのが失礼なくらい美味い。その上、野菜たっぷりでヘルシーで得サブにすれば320円(ドリンクセットでは500円)とそれほど高くもない。遂に「サブクラブカード」を購入してしまうくらいハマってしまった。

…という話を友人にしたところ、「サブウェイは店員にあれこれ聞かれるから入りにくい」と言われた。(マックであれば、セットを注文してドリンクの種類を言えば完了する)
そこで、もしかしたら同じ思いをしている人もいるかもしれないので、僕なりのサブウェイ注文を紹介しておきたい。


<店に入る>

店員「ご注文はお決まりですか」

 「得サブで」 (曜日別のおすすめサンドが存在する)

店員「パンの種類はお決まりですか」
 

 「おすすめで」 (4種類あるが、おすすめと言えば勝手に選んでくれる)

店員「トーストなさいますか?」

 「はい」 (持ち帰る場合は「いいえ」)

店員「嫌いなお野菜はございますか?」

 「ありません」 (玄人はここで「野菜全部多めでお願いします」と言う)

店員「追加するトッピングはございますか?」

 「ありません」(料金が上がるので初心者にはお勧めしない) 

店員「ドレッシングはおすすめの○○でよろしですか」

 「はい」

店員「他にサイドメニューのご注文はございますか?」

 「ありません」

<会計へ>


こうして書いてみると結構会話しないといけないことに気づいた。ちなみに得サブは単品で320円と格安であるが、通常のサンドを頼んで、ドリンクとポテトを注文すると軽く700円以上するので注意が必要だ。

ちなみに、最初は「野菜多め」のお願いをするのに勇気がいるが、店員も対応に慣れているようで、嫌な顔をされたことは一度もないので大丈夫だ(内心どう思っているのかは知らないが)。ちなみによく行く店の男性店員は、パンがはさまらないくらい野菜を盛ってくる。

明日もサブウェイ行こ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿