2010年10月5日火曜日

「TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継」1周目終了


先月25日に購入してスタートした「TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継」の1周目が終了した。パート5の文法対策という側面と、大学受験でお世話になった「実況中継シリーズ」のTOEIC版ということで、内容に期待しながら読み進めた。このシリーズのいいところは、解説が非常にわかりやすいので怠け者の僕でも楽に読み終えることができるという点だ。

タイトルからして、TOEICのスコアが650以下の人を対象としているようだが、取り扱っている内容は結構深い。また網羅的に文法を解説するのではなく、頻出かつ受験生がひっかかりやすい事項に絞っており、既にTOEICのスコアが800を超えている僕でも「あ、そうか」と気付かされることが多かった。特にSTAGE07の「不可算名詞と可算名詞、数量詞」の解説は秀逸。この部分がよくわかっていない人は、立ち読みでもいいから是非一読してみて欲しいと思う。

この本のもう一つの特徴は、例文の単語レベルが高いこと。この点については本書の中で、如何に工夫して作成したのかが強調されているが、TOEICのスコアの半分以上は結局のところ語彙力で決まってしまう側面があるからだと思う。

この本はパート5対策だけなので、(当たり前だが)本書だけで650点以上が取れることはない。また、パート5がスラスラ解けるようになる、というわけでもない。本書を基礎として多く演習問題に当ることで、実力がアップしていくのだと思う。その意味で本書は「650点突破」なのだろう。

長文編とかリスニング編も出ればいいのにな。

<追記>
本書の著者である長本先生は、既にTOEICの総合対策本「はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル」を出版していた。本書を解いてみた感想はこちらに書きました。



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿