2009年4月4日土曜日

障害犬タローの毎日



珍しく、漫画でもビジネス書でもない本「障害犬タローの毎日」を読んだ。

たまたま、本屋で手に取ったのがきっかけで、最初の3ページの写真を見て、ものすごい衝撃を受けた。主人公の犬は4本の足(つまり全部)がないのだ。それでも、周りの人間に支えられながら、楽しく(?)生きているタローの姿に素直に感動してしまった。

僕も犬を家で飼っていて、その愛犬とタローの姿が被って、なぜか泣けてきて・・・。もっと自分の愛犬に愛情を注いでやらないといけないなと思った。犬を飼っている、もしくは飼っていた人にはお勧めである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿