2011年9月25日日曜日

AKBの衝撃 ( ゚д゚ )

今日は久しぶりに疎遠になっていた友人の家に遊びに行ってきた。独身で一人暮らし、僕の数少ない友人だ。

さて、部屋に入った瞬間、数年前に訪れた時とは明らかに違う空気が流れていた。


AKB48


ポスターが壁にでかでかと張られており、書棚にはCDがぎっしり…。

・・・( ゚д゚ )

テレビで狂ったようなファンが紹介されているのは見たことがあるが、実際にハマっている人間を見たのは初めてだ。

一応、これは何かと聞いたら、「え、お前知らないの?」と。名前程度は知っていると答えると、彼は熱心にAKB48について語り初めた。中でも柏木という女性に熱を入れているらしく、個人の写真集まで持っていた・・・。

そして、「で、お前は誰の応援しているの」と聞かれた。応援も何も、個人名は誰も知らないんですけれど…。

すると、彼は何とかカチューシャとかいうDVDをつけて、嬉しそうに言うのだ。誰かひとりくらい可愛いと思う子がいるだろう、と。

はっきり言ってどうでもよかったのだが、答えないと友人関係にひびが入りそうだったので、比較的、顔の彫が深い女性を指さして、「この子」と伝えたところ、彼女はAKBのメンバーではないというのだ!?意味が分からん・・・。てっきりAKB48の中で人気順に人選しているのかと思いきや、曲ごとに外部団体からも人間を入れてメンバーを構成しているのだそうだ。いやはや、勉強になったよ・・・。

それから、DVDを見ていて、どう見ても数名、アイドルというよりただの不細工が混じっているように見えたのだが、それを口に出すと「ファンが育てている感じが好きなんだ」という友人に殴られそうな気がしたので、言わなかった。

他にも色々とDVDを見せてもらった後、CDを貸そうかと提案されたので、僕は丁重に断った。が、結構しつこかったので、MP3データでメール送信してもらうことで決着をつけた。こんなCD持って帰ったたら、嫁に何を言われるかわからん。

僕がTOEICの点数を上げることに夢中になっている間、彼はAKB48に夢中になっていたということか。どちらの方が幸せなことなのだろうな。

いずれにせよ、僕にとってはAKB48(+外部団体)の誰よりも嫁の方が可愛いので、それで良しよしようか。(←これが言いたかっただけ)


【参考資料】




このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿