2013年4月16日火曜日

やはり

先週末もTOEICを受験してきた。相変わらず手ごたえはなし。何よりも絶望したのは、リーディングでまたも時間切れを起こしたことだ。900点越えを目指す受験生にとってリーディングセクションを最後まで解くというのは絶対条件であり、今回は問題が難しかったとか簡単だったとか、そういう次元で考えている時点で、もうダメなのだ。

TOEICは年に10回近く受けることができる特殊な試験なので、どうも諦めが付けづらいのだが、そろそろ最後の試験と考えた方がいいのかもしれない。そこそこの国家資格であれば合格している程の時間を既にTOEICに投資しているにもかかわらず、いまだに800点台をウロチョロしているということは、僕自身に英語に適性がないことだけは間違いない。

今日この時をもって辞めるということもできるのだが、この文章を書きながら聴いていたももクロの「DNA狂詩曲」を胸にグサりと刺さった。


クサらずに 立ち向かえ
立ち上がれ
「もう泣くんじゃない!」


キミはあきらめるか? 目をそらすか? シッポを巻いて逃げ出すか?
目も口も耳も塞いだ 猿になって生きてくか?



大好きなかなこやももかやれにちゃんにこう訴えかけられて、気持ちが変わった。英語に適性がないとか情けない。「英語なんて言葉なんだ、こんなもんやれば誰だってできるようになる」って、安河内も東進のCMで言ってたしな。

まだまだ勉強に回せる時間はあるのに、適当に過ごしてきただけではないか。ゴールなど考えず、今は次の5月の試験までにやるべきことをするだけだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿