2009年5月18日月曜日

藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー












サイバーエージェントの社長で有名な藤田社長のビジネス書。この前なんとなく読んだ「渋谷で働く社長の告白」が面白かったので、今回も迷わず購入した。

感想は、別に悪いことが書いてあるわけではないが、書いてある内容が「新規事業に挑むときの判断基準」とか、僕のような若手社員向けというよりかは、中堅もしくはマネジメント層向けといった感じがした。あと、サイバーエージェントの社員かな。社長がどう考えているのかを知るのは大事なことだ。

全般にわたって落ち着いた感じで書かれていたので、もっと殺伐としたベンチャー企業の内情とか仕事っぷりを生々しく書いた「社長の告白」のような臨場感を求めていた僕には少々物足りなかった。

また、日経アソシエでの連載のまとめということなので、同じことが何回か繰り返されていたのは残念。

というわけで、藤田社長のファンでもない限り、僕のように若手社員で部下がまだ一人もいないような人には、あまりお勧めではありません。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿