2013年9月29日日曜日

TOEIC、トイレ休憩の廃止

今日はTOEICを受験してきた。前回までの試験とは異なり、試験直前のトイレ休憩が廃止されたり、携帯電話の個別電源チェックが無くなったり、受験のしおりがやたらとアニメチックになっていたり、と試験が始まる前から色々変化を感じていた。

新しくなった「受験のしおり」
そして本番、僕の実力が足りないということもあるだろうが、明らかにPart1が難しくなっていた。1番目から微妙な問題にあたって、これはきっと残りも難しいだろうなと思っていたら、その期待は裏切られることなく、リスニングは全般的に難しかった。
そしてリーディング。驚かされたのがPart7、最初の問題からがっつり大量の英文を読ませる形式に変わっていた。より長文を読む力を求めたいのはわかるが、ここまで傾向を変えるのであれば、さっさと公式問題集のvol.6を出した方がいいのではないだろうか、と思った。

今回の試験のトイレタイム廃止であったり、今年くらいから始まったリスニング中にリーディングパートを解くことの禁止であったり、TOEICはより厳格な試験に変わってきている。だからと言って、スコアを上げるためにするべきことは変わらない。軽く満点を取れるくらいの実力があれば、多少傾向が変わったところで影響はないはず。明日からまた頑張るべし。

<今日のTOEIC勉強>
TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉
・テスト(1)のPart7の復習を実施。単語暗記を実施。
・テスト(2)のリスニング問題を移動時間に聞いた。Part5、7の一部を復習。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2 件のコメント:

  1. こんにちは。
    40代前半のサラリーマンです。
    TOEICを1年に1回 15年連続で受けてます。
    が、大学生で630点 今も730点を少し越えるくらいです。。

    この12月に受験しようとしているのですが、結構内容に変更があるようですね。
    貴重な情報ありがとうございます!

    返信削除
    返信
    1. Masa918さん
      コメントありがとうございます。
      あともう1点追加するなら、今回から時間に非常に厳しくなったそうで、12時半に1分でも遅刻した人は入場が認められなかったそうです。これは厳しすぎるのではないかといった意見が多く物議を醸しているそうですが、とりあえず試験会場へは早めに行かれることをお勧めします。
      連続15年とはすごい。12月の試験、頑張って下さい。

      削除